好きになると不倫とかは関係ない

私は思っている事と、真逆の事をしてしまう傾向があるんです。

そう、不器用なのです。

だから仕事でも、このせいで色々失敗続きで、毎日反省していました。

こんな私の唯一の息抜きが、一人でお酒を飲むことでした。

しっとりと落ち着いた雰囲気のあるバーで、一人静かにカクテルをお洒落に飲むことが、ストレス解消になっていました。

私が27歳の時だから、今から5年位前の出来事です。

その時にはじめての出張ホストを利用しました。

イケメンの彼とあらかじめシチュエーションを考えて出会うというという演出までついています。

彼とは、そのバーで知り会ったことにしました。

その日は、本当に仕事を辞めなくちゃいけないかもしれない位に落ち込んでいました。

なので、至らない自分に腹が立つ余り、不覚にも泣いてしまいました。

すると、彼がそっと隣に座ってきて、ハンカチを差し出してくれたのです。

その後暫く、ずっと黙ったまま隣に居てくれました。

私が泣きやんでからお礼を言うと、まだ若いから辛いことも沢山あるよね、泣きたい時は思いっ切り泣くのがいいよ。

と、優しい言葉を掛けてくれました。

彼とはそれから、バーで度々会うようになりました。

彼の姿を私はいつも探していました。 

彼が結婚指輪をしてるのを承知の上で、私はすっかり彼に恋をしていたのです。

彼は柔らかい雰囲気の男性で、私より15歳年上でした。

私はお父さんの様な、大人の男性の包容力に甘えたかったのかもしれません。

けれど、彼が見せる少年みたいな笑顔に、すっかり心を奪われてしまいました。

彼に思いを告げると、彼も私を好きだと言ってくれました。

不倫なんて、若い私がするべき事じゃないし、不幸にさせてしまうかもしれない。

それでも、君と一緒にいたいんだと。

私達はそれから、平日の夜に逢うこと続けました。

私の部屋に来て、彼と愛し合う事が殆どでした。

彼は家に帰らなくてはいけないし、一緒に朝まで過ごした事はありませんでした。

それでも、ベッドの中で彼に抱かれるだけで、私はとてつもない安心感を味わうことが出来て幸せでした。

彼のご両親が倒れられ、故郷に彼が戻る事になったのを機に、私達の関係は終わりました。

二年間というあっという間の時間だったけれど、私は彼に支えられて、不器用ながらに少しずつ自分を成長させる事が出来たと思っています。

不倫なんてと思うかもしれないけど、やっぱり好きになると、そんな事は関係ないかなと思いました。

仕返しの不倫

主人の不倫が発覚していたたまれなくなっていたときに出会った男性と不倫してしまいました。もちろん、私の不倫の原因が主人にあるとは言えません。仕返しのつもりもありませんでした。

出会ったのは居酒屋です。主人の不倫が本当にショックで友人によく慰めてもらっていたときに利用していたんですが、そこの店員さんが不倫の相手になってしまいました。居酒屋の個室を利用していて、不倫のことをしくしく泣く私と主人に怒って怒鳴る友人。よく友人と酔っ払っていたんです。常連のようになっていて、本当に飲み過ぎてしまった日に酔ってうずくまっていて声をかけてもらったのが彼とのきっかけになりました。彼はヒステリックになっている私と友人のことを知っていたんです。「こんな可愛い嫁がいながらあんたなら不倫なんてする?」と私の友人に絡まれたこともあるそうです。自分のことでいっぱいいっぱいになっていつも泣いていた私は覚えてもいませんでした。

きっかけからしばらくして、友人と彼と私はすぐに仲良くなりました。元から居酒屋に頻繁に通っていたので顔を合わせる機会はいくらでもあったのですぐに飲み仲間のようになっていったんです。
主人の不倫から目を逸らして暮らしていましたが、そろそろ私も主人との生活に限界がきていました。やり直したい私とは真逆の主人の態度には本当に成すすべもなかったんです。
追い詰められた私は、居酒屋の店員さんである彼と関係を持ちました。自暴自棄になっていましたが、いろんなことがふっきれたようにも感じました。罪悪感はありましたが、主人とやり直したいとは言えないことをしてしまったことで主人との離婚を決意。不倫相手の彼は私の状況を全て知っていたのできっと、なんとなく流されてくれただけだと思っていました。
不倫相手の彼とはその一度きりでもう会わないと決めていました。居酒屋にももう行きませんでした。離婚というのは本当に大変なことばかりで、実家に帰った私はしばらく引きこもってしまいました。

それから、3年後。不倫相手の彼と再会したときは驚きました。再会した瞬間、彼に告白されて断り続けましたが彼の思いが嬉しくて今では恋人として一緒に過ごしています。

10歳の年上の夫がいながらセックスしちゃった話

私には10歳の離れた夫がいます。
普段は優しいし仕事も真面目でとても良い夫なんですが、ちょっとだけ執着心が強いというか、ヤキモチ焼きの面があるんです。
夫と私は同じ職場で働いているのですが、年下の同僚と少し仲良く話していると、家に帰ってからチクリと一言何か言われます。
異性どころか同性と食事に行くのもあまりいい顔はしません。
そんな束縛がだんだんと重くなってきて、私はすごくストレスを感じていました。
そして去年、たまたま夫が出張で数日間留守にしている時、彼の部下と飲みに行く事になったんです。
彼は朴訥を絵に描いたような人で、けれど私がストレスを感じているのを察してくれて気分転換にと飲みに誘ってくれたようでした。
夫との付き合いも私以上に長い人なので、夫のヤキモチ焼きな性格も理解していたみたいです。

私は夫にはその日「一人でご飯を食べるのも寂しいし、久し振りに実家に泊まってくる」と連絡して彼と飲みに行きました。
彼が連れて行ってくれたのは普通の居酒屋さんでしたが、久し振りの開放感にお酒はどんどん進みました。
そして飲みすぎた私は帰りたくないとワガママを言い、飲み直したいと彼の家に押しかけました。
彼は無口だけど優しい人なので、私の愚痴を延々聞いてくれました。

私はそんな彼の優しさに甘えて、酔った勢いのまま彼を誘いました。
束縛ばかりされていて鬱憤が溜まっていたのかもしれません。

一度だけと言ってキスをした私を、彼は優しく抱いてくれました。
そして翌日、家まで送ってくれました。
彼との関係はその一度きりですが、後悔はしていません。
今でもドキドキする思い出です。

職場の上司と不倫した話

私が彼と不倫関係にあったのは今から3年前のことです。
彼は職場の上司でした。とても優しくて、悩んだことがあると親身になってのってくれました。
そんな彼に惹かれてしまいいつしか不倫関係になってしまいました。
ちょうどその頃彼の誕生日が近く、プレゼントは一緒にいたいとそれだけでした。
気持ちが通じ合う、それだけじゃ満たされなかったわたし。
彼も大人ですからそれまでなにかを抑えていたのでしょうね。
会う約束をして、彼が迎えに来てくれました。
なんだかいつもとは違う感じでドキドキしました。
ホテルに向かい、そのまま体の関係をもってしまいました。
ただ余韻に浸れるほどの時間はなかったので、数時間の時間しか過ごせませんでした。
彼に家庭があることを知ってるのになぜこんなことを。
と思うことなんてその時は思いませんでした。
結ばれることができないってわかってるのにとめられなかったんですね。
やっぱり好きだから許してしまったんですね。
でも彼と体の関係を持ったのはその1回限りです。
その彼とはその後はお互いその秘密を持ちながらも職場で一緒に仕事をする間柄です。
不倫をほどアリ地獄のようなものはありません。
どんなに想いあっていてもゴールのないものです。
傷つくのが目にみえているのに不倫をしてしまったこと、今思うとどうしてあんなことをしてしまったのか反省しています。
反省はしていますが後悔はしていません。彼のことは本気で好きでしたし、少しの時間でも幸せをくれた彼に感謝しています。”